自営業がローンを借りるときの審査通過のポイント

個人事業主が借り入れをしにくい理由

個人事業主が各種の借り入れ審査に通りにくいのは、経営規模が小さくて収入が安定していないことからだと判断されます。自営業は基盤がしっかりしていないため、長年続けて収入を得るのが難しく多くの経営者が数年ほどで廃業しているので、借り入れをしても返済が難しいのではと危惧されてしまいます。特に個人向けのカードローンは、企業に務めていて比較的収入基盤が安定している会社員を対象にしていますので、手続きが簡素化されています。希望額が低く信用情報に傷がなければ、即日融資も可能になりますし、必要な書類も本人確認の書類だけで済みます。個人事業主の場合は、申し込みをした場合、かなりの確率で収入を証明する書類を提出するように求められるでしょう。通過のポイントは、十分な収入を得ているかどうかが分かれ目になります。収入証明書に利用できる書類は、確定申告の控えや市町村で発行する所得証明書を提出することになります。黒字経営をしている経営者なら問題ありませんが、赤字申告や経費との兼ね合いから0円申告をしている場合は、通過しにくいことが考えられるでしょう。

銀行よりは貸金業を選択したほうが通りやすい

銀行は個人事業主相手の借り入れが用意されていません。個人向け用途に限ると明記されているため敷居が高いです。しかし、貸金業の金融機関では取り扱いがある会社もあります。信販会社や消費者金融では自営業者が事業資金として使える借り入れがあります。消費者金融では個人と事業資金と両用で使えるカードローンがあるため、個人事業主でも利用しやすくなっています。事業資金専用の借り入れであれば、総量規制の対象外になるため、多額の資金を必要とする場合でも対応してもらえる場合があるでしょう。ただし、ほとんどの会社で確定申告書と内訳書や決算書等の書類が必要になるため、独立して1年経過していない場合は申告をしていないことから申込みが不可となるところが多いです。申込書や収入を確認する書類の他に事業状況を確認する書類の提出も必須となります。事業内容の概要を説明する以外に、経営状態が良好か悪化しているかとか、資金を調達する計画についてとか、主要な商品と取引先について等を書面にまとめて提出することになります。書式は金融機関から取り寄せるか、会社のサイトからダウンロードすることになるでしょう。将来性があると判断されるかが審査通過のポイントとなるので、しっかりとまとめるといいでしょう。

審査通過のポイントになりそうな設備や書類

自営業者用のローンに申し込みをした場合、借り入れの相手先によっては事業を行っているか実態を確認するために、書類の提示を依頼されることもあります。領収書や請求書は代表的な書類です。これらの書類が申込日直近の日付で発行されていれば、確かに経営をしているという証明にもなります。他に飲食店などの営業許可証なども対象になることがあります。IT関連の方はインターネットで取引をするので用意しにくいかもしれませんが、事業を始める際に税務署に提出する開業届の控えでも認めてもらえることがあります。審査の一環として在籍確認が必要になりますが、できれば固定電話があった方が事業実態があると認識されやすいです。自宅で開業している方は、自宅の固定電話番号でも構いません。事務所の所在地の市外局番から始まる電話番号の方が、有利に働くと言われています。