どうしても気になる自営業者がローンを組む時の審査方法

見られるのは安定的な返済が可能かどうか

自営業者が融資を申し込んだ時に見られるのは、安定的に返済できるかどうかという点です。そのために、審査方法としては収入状況を示す書類の提出を複数求められるのが一般的です。ローンは無理なく返済できるよう、年収に対する年間返済額の割合の上限が決められています。これを返済比率と言いますが、返済比率が高くなりすぎていないか、破綻を招いたりしないかを確認する必要があります。自営業だからと言って特別な審査方法があるわけではないのですが、自営業者の収入証明書は確定申告書になるのが一般的。収入から経費や各種控除を差し引いた額が記載されていますので、実際の収入より低い表示になるため、年収が低いと判断されてしまうことが多いのです。

収入が不安定と見られがちな個人事業主

中でも個人事業主は、収入が不安定ととられがちです。実際、本人の身体だけが頼りの部分もありますので、万が一病気やけがなどの突発的な理由があり、働けなくなった途端に収入が途絶えます。実際には稼いでいるとしても、公的には所得が低く、収入がなくなってしまう可能性が高い分類にされてしまうのが一般的。審査方法が一般の給与所得者と同じでも、多くの金融機関が個人事業主への融資を躊躇してしまう理由となっています。自営業者が融資を受けやすい先は、民間系ビジネスローン、民間系ノンバンク系キャッシング、政府系日本政策金融公庫です。また、日本政策金融公庫の返済は、原則口座引落しのみとなっていますので注意しましょう。

個人事業主が融資を受ける具体的な方法

前述の通り、個人事業主が融資を受けにくいのは、見た目年収が低いからです。実際はどうあれ、確定申告上200万円台という人も多く、銀行や信用金庫から融資を受けることは難しくなります。融資を受ける具体的な方法は個人事業主向けローンを利用することですが、利点としては総量規制の対象にはならない点でしょう。事業のための資金を借りる場合、規制は適用されません。また、個人事業主OKの場合、銀行融資ほどには審査は厳しくありません。審査方法が変わるわけではないので、収入証明書の提出などは必須ですし、審査に1週間以上かかるケースもあります。それでも融資の道はあるので、早めに申し込みをしましょう。どうしても即日融資が必要なら、消費者金融に申し込むしかありません。こちらは事業の運転資金には利用できない規定ですので、そこは頭に入れておきましょう。